探偵の依頼料金設定の相場

「配偶者の浮気を疑っている」

 

「怪しいと感じているけれど肝心の浮気をしている」

 

・・・という証拠がないという場合には、
浮気調査を探偵に依頼して、浮気の証拠をつかんでもらうという方法があります。

 

ですが気になるのは、探偵に依頼する料金・費用です。

 

探偵事務所と調査依頼の契約を結ぶ前に、
まずは必要となる費用・料金相場を知ることが大切なこととなります。

 

料金相場を知っていないといざ契約を行うとなった時に、
相場以上のかなり高い費用を提示されても

 

「大体これぐらいのものなのかな」

 

という風に考えてしまい契約をしてしまって、損をすることとなってしまいます。

 

なのでまずは探偵に依頼するにはどれぐらいの費用が必要となるのか、
料金設定の相場を知る必要があるのです。

 

浮気調査を探偵に依頼するとかかる費用の内訳は、例を挙げると
人件費を含む調査料金、
交通費や宿泊費などの経費、
車両料金、
報告書作成料金、
成功報酬
・・・というものになります。

 

深夜料金や緊急出動時の追加料金などが必要になるところもありますし、
探偵事務所・依頼内容によっても内訳が異なるのも事実です。

 

複数の探偵事務所の料金設定を調べるとよいでしょう。

 

浮気調査の費用が高額になってしまうケース

 

探偵に浮気調査を依頼した場合、
費用が高額になってしまうケースがあります。

 

調査が長引くとどうしも日数がかかることになり、
探偵への依頼料金が高額になってしまいます。

 

大体、浮気調査の調査期間は数日で終わるのですが、
証拠がなかなか見つけられない場合、
追加料金がかかるので、費用はどんどん高額になっていきます。

 

調査期間が延びれば、それだけ人件費がかかり、
最終的な探偵への依頼料金・費用は大きく膨らんでしまいます。

 

追加料金で探偵に調査を依頼すると、
最終的には総額で探偵依頼料が50万円を超えることもあります。

 

探偵への依頼費用が高額になるのは、オプション料金が発生するからです。

 

探偵会社の中には、
浮気調査の費用に様々なオプション料金をつけているところがあります。

 

様々なオプションを付けると、探偵への依頼料金・費用は一気に跳ね上がります。
浮気が発覚した後の処理を頼んだ場合も、費用が高額になってしまいます。

 

なぜならこの場合、浮気調査ではなく、
探偵への別件依頼になってしまうからです。

 

別料金がかかると探偵への依頼費用は高額になってしまうので、
最初の見積もりの段階で費用をしっかり確認しておく必要があります。

 

高額な請求をされないよう、あらかじめきちんと予防線を張っておくことが大事です。

 

裁判で有効な浮気の証拠はどんなもの?

 

配偶者が浮気をしていた、という事実を知ってしまったら、
それは本当に辛くて苦しい思いをすることになるかと思います。

 

そんな浮気をされた側は、
精神的な苦しみを慰謝料に変えて請求することができるのです。

 

そして浮気をした配偶者とこれからも夫婦関係を続けていくのか、
離婚をするのかという選択も浮気をされた側に決定権があります。

 

離婚を決めた場合には離婚請求をすることが可能ですし、
慰謝料請求の権利があります。

 

ですが、それには配偶者と浮気相手が、
不貞行為を行ったということの決定的な証拠が必要になります。

 

配偶者と浮気相手が不貞行為について認めていればいいのですが、
否定をしている場合には証拠を集める必要があります。

 

では慰謝料請求や離婚請求で裁判になった場合には、
どのような浮気の証拠が使えるのでしょうか。

 

裁判で有効になるものとしては、
不貞行為を行っていると思われる写真などがあげられます。

 

二人でラブホテルへ入っていった写真、
どれぐらいホテルに滞在していたか出てきたところの写真、
ホテルへ二人で行っている回数などが必要となってくるのです。

 

いちご鼻 治す